2012年12月31日

失業手当と年金を考えた退職のベストタイミング

こんにちは。お疲れ様です。

今年は沢山の方にご指導やご配慮をいただいた1年でした。ありがとうございました。

このブログも、定期的に読んでくださる方が増えていきました。拙いブログではありますが、お読みいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

さて、今年最後のブログですが、少しセコい内容を述べます。

厚生年金を受給されている方が、求職者給付の基本手当(いわゆる失業手当です)の給付を受けようとするときは、年金の支給が停止となります。

そして、失業手当は、65歳に達した後に退職すれば64歳までにもらえたはずの金額より少なくなります。

色々考慮すると、65歳の誕生日の2日前までに退職すれば、「64歳の退職者」ということになり、得なのではないかと思います。失業手当は65歳以降に退職するのと比べて結果的に多く受給でき、失業手当と併給しても65歳以降の厚生年金であれば停止になりません。(細かい理由は年金事務所等で、ご自分の年金記録を参考にしながらお聞きになられるか、弊所までお問い合わせください)

よって、セコい考え方をするならば、このタイミングで退職されることも1つの選択肢だと言えます。

もちろん、可能ならば継続雇用でずっと働かれるほうが有意義な人生になると思います。

今年はこんなところです。今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。
posted by 坂元修二 at 08:00| Comment(0) | 年金

2012年12月29日

厚生年金を掛け続けることによって年金額が減るパターンについて

こんにちは。お疲れ様です。

今日は、割とよくある事例について述べます。

夫婦共働きのご家庭の場合、奥様も厚生年金の加入者として長い期間働かれることがあると思います。

奥様が厚生年金の被保険者として19年以上になりそうなら少し注意が必要です。

もし、19年以上被保険者となられますと、ご主人の年金につく配偶者加給年金と、その後の振替加算(扶養手当のようなものです。9月11日のブログ記事をご参照ください)が受給できなくなります

ガンガン稼いでいらっしゃっている方や、すでに長年勤務されていらっしゃる方は気になさらなくてよろしいと思います。しかし、ギリギリ19年に差し掛かりそうだったり、稼ぎがイマイチだったわ、という方はご注意ください。

19年以上になりそうであれば、職場にお願いして、短時間勤務に変えてもらうということも選択肢の一つです。正社員の方の4分の3未満の勤務時間であれば、厚生年金への加入は不要となります。

もっとも、短時間の方を厚生年金の被保険者にしようというのが近年の流れですが…

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
posted by 坂元修二 at 11:00| Comment(0) | 年金

2012年12月27日

先天性の障がいがあれば、全て20歳前障害なのか

こんにちは。お疲れ様です。

前回、12月25日の記事についての補足を述べます。

年金を遡及して請求するにせよ、事後重症として請求するにせよ、診断書等が保存されていなかったり初診日を特定できなかったりする場合、「障害給付裁定請求事由にかかる申出書」や「受診状況等証明書が添付できない理由書」(医師の印鑑が必要です。診断書がないときに提出するものです)という書類を提出して請求します。

次に、20歳前障害による障害基礎年金についても触れましたが、遺伝的な要素が強く、大人になってから発症したような障害の場合、医師の診察を受けて病名が分かった日が初診日ということになり、20歳前障害による障害基礎年金の受給者にはなりません。納付要件を満たしていれば一般の障害基礎年金や、厚生年金も掛けていれば障害厚生年金の受給者となります。

20歳前障害による障害基礎年金は、所得が多ければ不支給となりますが、他の障害年金にはそういった制限はありません。

因みに、平成14年4月1日以降から視野狭窄などによる請求も認められています。徐々に悪くなったから事後重症と判断する方が多いと思いますが、平成14年4月以前に初診日がある方は、遡及請求もあわせて行うとよろしいと思います。

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
posted by 坂元修二 at 10:56| Comment(0) | 年金