2013年10月21日

武器よさらば

こんにちは。お疲れ様です。

今日は雑談です。タイトルと内容が、関係あるような無いような…そういう話です。

私は、労働法や社会保険に関してはプロのつもりです。ゆえに、雇用に関する法律や事例について、常に学ばなければならないと思っています。

その考えのもと、万が一に備えて、あらゆるリスクを想定し、完璧に理論武装するのが、私の中で一つの理想像でした。

その理想像が、最近になって、変わりつつあります。

こちらが最初から、法律論を持ち出し、理論武装していけば、素人の相手方もそれなりに構えることがわかったのです。こちらがファイティングポーズをとれば、相手も警戒するのです。不必要な争いが生じてしまいます。

それに、法律や裁判の判例は、いわゆる正解です。結果です。正解を最初に述べ、「これがルールだから従え」と言ったとして、良い年齢の大人が納得するでしょうか。

以前、教員をしておりました折、「どうして校則を守らなければいけないのですか?」と度々質問されました。試行錯誤の末、「社会に出る準備をするのが学校で、法律を守るための練習だよ」という感じの答え方が一番生徒が納得してくれるようでした。(もちろん、ルールは皆が快適に過ごすためのもの、という説明もしております)
子供でも、「ルールだから従え」と言われて納得しませんでした。社会人ならなおさらです。


以上のことを踏まえて、最近は、法律論で相手を説得するのではなく、ちょうど良い妥協点みたいなものを相手方と一緒に考え、納得してもらうようにしております。もちろん、法律や、裁判での妥当な結果も頭の隅に置きつつです。

結局、「納得」できないから、争い事がおこるのだという、すごく基本的なことを再確認しました。表層的な解決ではなく、「今後この問題については争いが起こらない」ような解決を目指していきたいと思います。

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




posted by 坂元修二 at 00:03| Comment(2) | 一般

2013年09月29日

転職回数と老後の生活について

こんにちは。お疲れ様です。

出勤時には「涼しい…とうより寒い。今日は長袖で行こうかな」と思いつつ、昼過ぎになると「半袖で来て良かった」と思う今日この頃です。日が暮れるのも大分早くなりました。

さて、今日は雑談です。

私が、新入社員の研修時に必ず言うセリフの一つが、「今の会社で頑張りなさい。少なくとも数年は頑張りなさい」というものです。長く続けた方が、学ぶことが多いですし、収入も増えやすいので、そう伝えています。どこの会社の入社時研修でも、似たような内容のことは教えていると思います。

このことに関して、「プレジデント」という雑誌の最新号の記事で、面白いものがありました。

転職回数が3回以上の人は、3割以上の確率で老後の生活が厳しくなる」というデータがあるそうです。
逆に、「裕福な老後を送る人で、転職を3回以上経験している人は8パーセントに止まる」そうです。
他にも面白い話がいろいろ出ていたので、気になった方は雑誌をお読みください。

私自身、転職経験があるので、実は他人様に偉そうに言える立場ではありません。

ただ、退職金の金額、給料の上がりやすさ、昇進のしやすさ、等どれを考えても、同じ会社に勤務し続けたほうが結果的に良いと言えそうです。若いうちから収入が増えれば、その分、投資や貯金に回す余裕もできます。

中には、多くの場所で、多くのことを学び、飛躍していく人もいるでしょうが、そういう人は少数派でしょう。

社会に出たての若者には、正しい選択をしていただきたいものです。(本当に私は人のことは言えませんが)

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
タグ:転職回数
posted by 坂元修二 at 23:06| Comment(0) | 一般

2013年09月16日

障がい者雇用について

こんにちは。お疲れ様です。

敬老の日でした。私はすでに祖父母が全員他界しているため、とりあえず両親にぼた餅を買っていきました。もちろん、「敬老の日だから」とは言いませんでしたが。

さて、「ビジネスガイド」10月号の中で、障害者雇用率雇用促進法についての記事がありました。

障がい者の法定雇用率が2%(50人に1人の割合。民間企業の場合)に上がったことは、ご存知の方も多いと思います。
記事では、障がい者の中に「精神障害者」が含まれるようになったこと、精神障がいの知識を身に付けるべきだということ、職場環境を整え、周囲のメンバーからの理解を得やすいように障がいに関する研修を行うべきだということ、などが書かれていました。

現在は、法定雇用率を満たしていなくても、200人未満の企業であれば、特にペナルティはありませんが、再来年の4月からは100人以上の企業にペナルティが科されるようになります。

ペナルティがあるから、義務だから、という理由で障がい者の方を雇うのは少し問題ではありますが、全員で障がい者の方の雇用について考える機会があるのは良いことです。

以前にもお伝えした通り、障害者の雇用に関する助成金は色々あります。障がい者初回雇用奨励金、特定求職者雇用開発助成金などは大分知名度が高くなってきました。

障がい者雇用について、今まで障がい者の方を雇ったことがない、という事業主様は不安に思うところが多々あろうかと思います。

今はハローワーク始め色々な機関が相談に乗ってくれます。特別支援学校(養護学校)の生徒さんを、職場体験という形で受け入れて、様子を見させてもらうのも、良い機会となるでしょう。鹿児島高等特別支援学校の生徒さん方は特に優秀だと聞いたことがあります。

社内に障がい者の方がいれば、安定したペースを保ってくれたり、お客様受けが良くなったり、和やかな雰囲気になったり、勤勉さに胸を打たれたり、等と良いことが多いと聞きます。

よろしければご検討ください。

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
タグ:障害者雇用
posted by 坂元修二 at 23:01| Comment(0) | 一般