2014年03月14日

入社前研修の受講者が負傷したときは労災適用?

こんにちは。お疲れ様です。

まだまだ寒い日が続いております。啓蟄は過ぎましたが、寒くて蟲も出てきたくないかもしれません。

さて、時期的に、新入社員を受け入れる準備を始めている企業様も多いと思います。

今回は、入社前の研修の受講者が労災っぽいけがをした場合の話です。

「労災っぽい」と表現したのは、入社前の方が労働者と呼べるのか、難しいところだからです。

結論から申し上げると、入社前の研修を受けている者が負傷した場合、労災が適用されることもあり得ます。

例えば、「研修が強制であり、拒否できない」、「指定された時間、拘束されて、指揮命令を受けている」、「研修手当などの報酬が支払われている」、といった事実があれば、労災が適用される可能性があります。

労災の話より先に、「入社前の研修なのに給料を払う必要があるのか」といった疑問があるかもしれません。

「自由参加」ということであれば、支払いの義務は生じないかもしれませんが、強制参加であれば、なにかしら報酬を与えたほうが無難です

中には、通勤手当だけ支給する企業様もいらっしゃいますが、リスクがあります。

月給を日割り計算して支払ってください、とは言いませんが、最低賃金(鹿児島の場合、時給換算665円。例外有)を下回らない程度の研修手当は支払うべきです

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
posted by 坂元修二 at 23:23| Comment(0) | 労務管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: