2013年01月07日

年金の離婚分割についての補足

こんにちは。お疲れ様です。

よくお客様が勘違いなさっていることについて述べます。

年金の離婚分割(2012年10月29・30日のブログ記事をご参照ください)についてです。

「妻が仕事をしていて社会保険を掛けている場合はずっとさかのぼって分割できるが、妻が専業主婦の場合、平成20年の4月までしかさかのぼれない」とお客様からよく聞きます。

書店に並んでいる本を読むと、なんとなくそういう意味にとれるような書き方をしていますが(私の過去のブログを読んでも勘違いしそうになります。すみません)、専業主婦の方でも、合意による分割によって平成20年4月より前の分までさかのぼることが出来ます。(合意が結構大変で、原則として夫婦2人そろって窓口に行く必要があります。場合によっては家庭裁判所で審判や調停も十分あり得ます…)

…できれば、奥さんの方に「振替加算」(2012年9月11日のブログ記事をご参照ください)がついてから離婚するのをお勧めします。いや、離婚そのものを勧めているのではありません。

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうござました。


posted by 坂元修二 at 22:39| Comment(0) | 年金
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: