2013年10月21日

武器よさらば

こんにちは。お疲れ様です。

今日は雑談です。タイトルと内容が、関係あるような無いような…そういう話です。

私は、労働法や社会保険に関してはプロのつもりです。ゆえに、雇用に関する法律や事例について、常に学ばなければならないと思っています。

その考えのもと、万が一に備えて、あらゆるリスクを想定し、完璧に理論武装するのが、私の中で一つの理想像でした。

その理想像が、最近になって、変わりつつあります。

こちらが最初から、法律論を持ち出し、理論武装していけば、素人の相手方もそれなりに構えることがわかったのです。こちらがファイティングポーズをとれば、相手も警戒するのです。不必要な争いが生じてしまいます。

それに、法律や裁判の判例は、いわゆる正解です。結果です。正解を最初に述べ、「これがルールだから従え」と言ったとして、良い年齢の大人が納得するでしょうか。

以前、教員をしておりました折、「どうして校則を守らなければいけないのですか?」と度々質問されました。試行錯誤の末、「社会に出る準備をするのが学校で、法律を守るための練習だよ」という感じの答え方が一番生徒が納得してくれるようでした。(もちろん、ルールは皆が快適に過ごすためのもの、という説明もしております)
子供でも、「ルールだから従え」と言われて納得しませんでした。社会人ならなおさらです。


以上のことを踏まえて、最近は、法律論で相手を説得するのではなく、ちょうど良い妥協点みたいなものを相手方と一緒に考え、納得してもらうようにしております。もちろん、法律や、裁判での妥当な結果も頭の隅に置きつつです。

結局、「納得」できないから、争い事がおこるのだという、すごく基本的なことを再確認しました。表層的な解決ではなく、「今後この問題については争いが起こらない」ような解決を目指していきたいと思います。

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。




posted by 坂元修二 at 00:03| Comment(2) | 一般

2013年10月14日

振替休日と代休

こんにちは。お疲れ様です。

灰が降り続いております。今日は風が強く、灰が勢いよく舞っておりました。火山灰アレルギーの身にとっては毎日つらいです。

さて、振替休日代休の話をいたします。

ネットで検索すればあっさり見つかりますが、
振替休日とは、事前に、別の日に休みを指定し、本来は休日である日に労働させることです。(就業規則に振替休日の規定があることが必要です)

代休とは、事前に休日と労働日を振り替えずに、休日労働させてしまったとき、後から代わりの休みを与えることです。

事前に代わりの休みを定めていたかどうか、が大きな違いですが、他にも大きな違いがあります。代休の場合、「休日労働をした」ことになりますので、休日労働分の割増賃金3割5分が必要となります。

ちなみに、休日労働とは法定の休日に働くことを言います。法定では休日は1週間に1日与えれば良いことになっているので、週休2日の会社の場合、2日のうちの1日だけが法定の休日です。ただ、週40時間を超えるような労働の場合、2割5分の時間外割増賃金が発生します。
休日出勤には何でもかんでも3割5分の計算を行っている事業主の方もいるので、ご注意ください。

長い時間働くよりも、処理した仕事量の方が大事だと思いますが…

今日はこんなところです。今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


posted by 坂元修二 at 23:38| Comment(0) | 労務管理